RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発なくせ!秋田デモアクション第25弾!!

-川内原発すぐ今止めろ!伊方原発再稼働するな!-
帰還の強制と 避難指示解除を許すな!

原発なくせ!秋田デモアクション 第25弾!!

6月26日(日) フォンテ秋田前13時からアピ-ル
     14時出発

◆出発前に参加者からの一言アピ-ル~~~デモコ-スはフォンテ前→広小路→
  なかいち→中央通り→フォンテ秋田に戻る、約45分のコ-スです。
  ◆デモ終了後、フォンテ秋田7Fのレストランで『コ-ヒ-交流会』です。
  ◆プラカ、コスプレ、ノボリ、鳴り物、メセボ、創意工夫で大集合しましょう。
  ◆原発に反対なら、どなたでも参加できます。

主 催  原発反対★秋田デモ実行委員会
     事務局  小玉 090-4880-5358 t.kodama112@docomo.ne.jp   
ブログ・原発反対★秋田デモ実行委員会2     http://nonukusakita.blog.fc2.com/

帰還の強制は被曝の強制だ!  
  安倍政権は昨年6月、「帰還困難区域」以外の福島9市町村の避難指示を17年3月までに解除すると閣議決定した。そして今、住民の猛反対を押し切って葛尾村は6月12日、川内村は14日、 南相馬市は7月1日予定、飯館村は6月末にも解 除時期を提示するという。 住民からは「法定の一般被曝限度が年1ミリシ-ベルトなのに福島県民だけは年20ミリシ-ベルトでも住めという。福島県民は一般人じゃないのか」(東京新聞3/1)という怒りが噴出している。さらに福島県当局は、自主避難者への住宅無償提供を17年3月で打ち切ると決めた。そして現在住んでいるところから「退去」しろという  通告が連日行われている。自主避難者には東電からの賠償はなく住宅支援が命綱だ。帰還しろ!被曝しろ!支援は打ち切りだ その上安倍政権は3月5日、南相馬市の小高駅を視察し「2020年春(19年度末)までの常磐線全線開通」を政府方針とした。どこまで住民を愚弄すればいいのか!こんな「死ね」といわんばかりのやり方を許せるか!
 こうした反動が渦巻く中で、動労水戸(国鉄水戸動力車労組)は「被曝労働の強制許すな!常磐線開通阻止!住民への帰還強制を許さない!」という抗議のストライキに何度も立ち上がり、楢葉町の仮設住民・市民の大きな拍手の中で、5.22いわき駅前宣伝行動を始め、反対デモを組織して全力で反撃する闘いの先頭で闘っています。熊本地震の波及は不可避だ!川内(センダイ)原発は今すぐ止めろ!                
 4月14日と16日に震度7の巨大地震を引き起こした熊本地震でも安倍 政権 は川内原発(鹿児島)を止めようとしない。カルデラ噴火の危険性があるから再稼働すべきでないという意見に対して『カルデラ噴火したら終わり』と応え、「なぜ止めることで予防しないのか」と記者が聞くと、『そうすべきだとみなさんのお声があるからそうしますということは、するつもりは ありません』と言ったのが原子力規制委員会長の田中俊一委員長だ。いったい何様のつもりなのだろうか?                           昨年11月、四国・伊方原発の原子力防災訓練に対する抗議行動では、県庁正門前に愛媛県職労の「伊方原発再稼働阻止」の横断幕と「再稼働のための避難訓練反対」メッセージが掲げられ、宇都宮委員長を先頭に、県内外の労働組合員・市民が断固たる抗議行動が闘われた。
 6月26日、秋田からも声をあげて今こそ安倍政権を倒そう!
スポンサーサイト

秋田デモアクション第24弾!!3月13日(日)フォンテ秋田前13時からアピール

-安倍や資本家のために死んでたまるか!
潰せ戦争法! なくせ原発!原発なくそう!!

秋田デモアクション第24弾!!


3月13日(日)フォンテ秋田前

第20回目の秋田デモ 002
13時からアピール
14時出発

◆出発前に参加者からの一言アピール。

◆デモコースはフォンテ秋田~広小路~中央通り~フォンテ秋田へ



◆デモ終了後、フォンテ秋田・7Fのファミレスで「コーヒー交流会」を行います。

◆プラカ、コスプレ、ノボリ、鳴り物、メセボ、創意工夫で大集合しましょう。
   かぶりもの、変装、サングラス、なんでも OK!!

◆原発に反対ならどなたでも参加できます。 
 
 主 催  原発反対★秋田デモ実行委員会 
 事務局 小玉 090-4880-5358 
          t.kodama112@docomo.ne.jp 

原発反対秋田デモアクション第23弾!!

原発反対秋田デモアクション第23弾!!
原発のない秋田ですが、福島と繋がり、再稼働を絶対許さない!
日本のどこにも世界のどこにも原発いらない!秋田駅周辺、目抜き通りを約1時間弱かけて、コールと歌で明るく元気に歩きました。
次ぎは24弾!!です。23no6.jpg

秋田デモアクション第23弾11月22日(日)フォンテ秋田前13時からアピール14時出発

弾 001
-安倍や資本家のために死んでたまるか!
潰せ戦争法! なくせ原発!原発なくそう!!

秋田デモアクション第23弾!!
11月22日(日)フォンテ秋田前
13時からアピール
14時出発


◆出発前に参加者からの一言アピール。

◆デモコースはフォンテ秋田~広小路~中央通り~フォンテ秋田へ戻る。

◆デモ終了後、フォンテ秋田・7Fのファミレスで「コーヒー交流会」を行います。

◆プラカ、コスプレ、ノボリ、鳴り物、メセボ、創意工夫で大集合しましょう。
   かぶりもの、変装、サングラス、なんでも OK!!

◆原発に反対ならどなたでも参加できます。 
 
 主 催  原発反対★秋田デモ実行委員会 
 事務局 小玉 090-4880-5358 
          t.kodama112@docomo.ne.jp 

原発なくそう!秋田デモアクション第22弾9月13日(日)フォンテ秋田前13時からアピール14時出発

                          22弾デモビラ
川内原発②
川内原発水戸
                                     
戦争と再稼働の安倍をたおせ!
原発なくそう!!秋田デモアクション第22弾
9月13日(日)フォンテ秋田前
13時からアピール
14時出発

◆出発前に参加者からの一言アピール。

◆デモコースはフォンテ秋田~広小路~中央通り~フォンテ秋田へ戻る。

◆デモ終了後、フォンテ秋田・7Fのファミレスで「コーヒー交流会」を行います。

◆プラカ、コスプレ、ノボリ、鳴り物、メセボ、創意工夫で大集合しましょう。
   かぶりもの、変装、サングラス、なんでも OK!!

◆原発に反対ならどなたでも参加できます。 
 
 主 催  原発反対★秋田デモ実行委員会 
 事務局 小玉 090-4880-5358 
          t.kodama112@docomo.ne.jp 



川内原発再稼働を絶対許さない

8月11日、九州電力は川内原発再稼働しました。川内原発の再稼働は福島原発事故を何ら省みず、全国の原発再稼働と海外輸出の突破口であり、安保関連法案と一体で日本の核武装を狙うものです。私たちは、この暴挙を断じて許すことはできません。今こそ怒りを持って立ち上がり、再稼働阻止・全原発の廃炉をかちとりましょう!


福島原発事故は終わっていない!


8月10日朝、翌日の再稼動を見すえ正面ゲート前で大行動が行われ、福島の佐藤幸子さんが発言した。「福島では、生活を奪われた多くの人々が自殺に追い込まれてきました。それなのに川内原発を再稼働するなんて絶対に許せません!日本中、世界中の原発をなくしたとき、福島は原発事故をのりこえることができる。そのために原発絶対反対の声をあげていきます。みなさん、いっしょに頑張りましょう!と渾身の訴えをしました。(写真)

原発内部に、闘う労働組合を!

動労水戸の西納書記は(写真)、「動労水戸は原発事故後4年間、被曝労働反対を貫き、原発内部や地域の労働者の怒りと結びつき闘ってきた。事故が起きれば東電の経営者は真っ先に逃げだし、御用組合も何の責任取らない。これが、3.11原発事故の真実です。こんな事が許せるでしょうか!川内原発で働く労働者のみなさん!鉄道の労働者なら危険な運転はやらない。電力労働者なら危険な原発は断固として拒否することが果たすべき責任ではないでしょうか?明日にでもストライキで川内原発を止めて私たちと合流してともに闘いましょう!」熱烈な訴えに会場から、大きな拍手と歓声が起きた。

 福島の127名の甲状腺がんの子どもたちは「放射能の影響ではない」と切り捨てられ、収束作業員は被曝線量を250ミリシーベルトに引き上げて作業にあたるも、水をかけつづけているだけにすぎない。福島の悔しさ、怒り、収束作業員の誇りと命がけの決起に応えましょう!!秋田での22回目の原発反対のデモをともに打ち抜きましょう!!
≪前のページ≪   1ページ/7ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

FC2USER023233INF

Author:FC2USER023233INF
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。